…で、

前回は、 「アナタにもできそうな気がしてきたでしょう?」という雄叫びと共に、いきなりチカラワザで次回につなげたこのお話でありますが… (笑)
今回はさらにもっと深く、さらにさらにもっと個人的な見解を炸裂させつつ進めていきたいと思います。


まあ、前回は概ね「占い師になりたいならば、頑張れば全然なれちゃうよ」という事を中心にお話してきたワケですが…。

そうは言いながらも実のトコロこのギョーカイ、正規の資格試験や検定(?)のようなものはありませんから、勉強をしてもしなくても、極端に言えば占術なんかよく知らなくても、悲しいかなある日突然に「私は占い師です」といきなり公言する事もできてしまう世界でもあるんです。
そして残念ながらそうした悲しい傾向があることを、真っ向から否定できない…という事実があるのも本当のコトなんですよね。



ですが……
…それはそうなんですが…

かといって皆さんは、そんな占い師になりたいとは決して思ってはいないでしょう?


「そりゃそうさ!そんなの当たり前じゃん!!」…とっさにそう叫んだアナタ。
…アナタだったら絶対大丈夫。
頑張ればきっと良い占い師さんになれますよ。


それにこれは声を大にして言いたい事なんですが、、占い師になるにはそれなりのスゴイ功績が必要であるとか、偉大なる人格者である必要がある…なんてコトは絶対にないと思います。

というか、根本的に私は占い師である事を「特別なことだ」とか「選ばれた者だけの仕事だ」という風にもったいつけるような言い方をするのは大キライなんですよね。

まあそれは、ぶっちゃけ私自身が実際そんなスゴイ人格者でも特別な人間でもないから……という事に過ぎなかったりもするのですが… (苦笑)


…………。


…言ってて何だか少〜しブルーになってきたりもするけど…
だって本当の事なんだもん。→言い切った!(笑)

…だって私なんて、「先生〜★」とか呼ばれたりすると何となく気分が良くなっちゃったりして、一人で「エヘヘ…」とほくそ笑んでしまうような、そんな俗物的なあきれるくらいにごくフツーの人間だし…

そんなんだから、万一(たぶんないと思うけど…)素晴らしい人格者などといわれたりするような事があればまず非常に照れくさいし、そんなコト言われた日にゃ〜逆に現実とのギャップにオタオタしてしまうのが関の山でしょう…。
→う"…我ながら人間ちっちぇ〜!

ええそりゃね、色々なタイプのクライアント様やお悩みはありますから、人生経験は豊富な方が良いでしょうし、各方面の知識に富んでいるに越した事はないでしょう。
努力はすべきですし、励む心は必要だと思います。

だけど基本的なところでは、真剣に取り組む姿勢は勿論ですが、ある程度の一般常識的な感覚と判断力、そして仕事に対しての自分なりのプライドがあれば良いんではないの?!…と本気で思ったりもしています。
↑いや、それってほぼ自分に言いきかせてるし…(苦笑)

あ、でもそれは占いのお仕事に限らず何でもそうか………。


う"〜ん………………。




あとは愛だね、愛!!

いや、絶対そうだって!!
→またもや言い切った!!



あぁ…何か私のダメダメぶりを遺憾なく発揮した内容になってしまいましたが…
でも、こんなめちゃ小市民のその辺にいるようなオバはんでも、技術さえ身につければ何とか占い師としてやっていけるんだ…ってことはおわかりいただけたでしょうから (笑)

どうか占い師を志しておられる皆さん!
頑張ってその想いを現実にしてみようじゃありませんか!


そりゃ誰でもどんな事でも、初めての事に挑戦するのは勇気がいるものです。
でもその情熱と信念が本物ならば、必ず達成できるはず。…です!

少なくとも私はそう信じていますし、こんなちっぽけな私ではありますがそんな皆さんのことを陰ながら応援いたしておりますから…。
どうぞどうぞ勇気をもって最初の一歩を踏み出してみて下さいね。




【注1】
前回同様、ここにある文章はあくまでもmomokoなりの考えと、心の叫びと哀愁を元に構成されたものですので、ご意見やご指導等のメッセージはご無用です。 万一そうした気持ちが起こっても、どうぞ思いっ切りスルーしてやって下さい。

【注2】
文中にはmomoko自身が自分の事を表現する際に「オバはん」という呼称を用いておりますが、本人はとても人間としての器が小さいので、他人から言われると軽〜く「ムッ」としたりします。 ですから例え鑑定時などにムショウにそう呼びたくなったとしても、声には出さず「心の中」で思い切り叫びましょう。(笑)

【注3】
前回例えとして「料理人」の場合…という例を挙げさせて頂きましたが、こちらには当然「資格・試験」はありますし必要です。 一応、念の為…。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ