…で、

前回は、 「アナタにもできそうな気がしてきたでしょう?」という雄叫びと共に、いきなりチカラワザで次回につなげたこのお話でありますが… (笑)
今回はさらにもっと深く、さらにさらにもっと個人的な見解を炸裂させつつ進めていきたいと思います。


まあ、前回は概ね「占い師になりたいならば、頑張れば全然なれちゃうよ」という事を中心にお話してきたワケですが…。

そうは言いながらも実のトコロこのギョーカイ、正規の資格試験や検定(?)のようなものはありませんから、勉強をしてもしなくても、極端に言えば占術なんかよく知らなくても、悲しいかなある日突然に「私は占い師です」といきなり公言する事もできてしまう世界でもあるんです。
そして残念ながらそうした悲しい傾向があることを、真っ向から否定できない…という事実があるのも本当のコトなんですよね。



ですが……
…それはそうなんですが…

かといって皆さんは、そんな占い師になりたいとは決して思ってはいないでしょう?


「そりゃそうさ!そんなの当たり前じゃん!!」…とっさにそう叫んだアナタ。
…アナタだったら絶対大丈夫。
頑張ればきっと良い占い師さんになれますよ。


それにこれは声を大にして言いたい事なんですが、、占い師になるにはそれなりのスゴイ功績が必要であるとか、偉大なる人格者である必要がある…なんてコトは絶対にないと思います。

というか、根本的に私は占い師である事を「特別なことだ」とか「選ばれた者だけの仕事だ」という風にもったいつけるような言い方をするのは大キライなんですよね。

まあそれは、ぶっちゃけ私自身が実際そんなスゴイ人格者でも特別な人間でもないから……という事に過ぎなかったりもするのですが… (苦笑)


…………。


…言ってて何だか少〜しブルーになってきたりもするけど…
だって本当の事なんだもん。→言い切った!(笑)

…だって私なんて、「先生〜★」とか呼ばれたりすると何となく気分が良くなっちゃったりして、一人で「エヘヘ…」とほくそ笑んでしまうような、そんな俗物的なあきれるくらいにごくフツーの人間だし…

そんなんだから、万一(たぶんないと思うけど…)素晴らしい人格者などといわれたりするような事があればまず非常に照れくさいし、そんなコト言われた日にゃ〜逆に現実とのギャップにオタオタしてしまうのが関の山でしょう…。
→う"…我ながら人間ちっちぇ〜!

Continue Reading