タイトルを見て、ええ?何何??…と思われたかも知れませんけれど…

実は鑑定をさせて頂いた時等になさそうでわりとあるのがこの
「占い師になりたいんですけど…」
というご相談(?)だったりするんですよね。
なので、今回はその件に関して少し書いてみようかと思ったりしてる…というワケです。

…で、たいていの場合には上記の言葉の後に続くのが
「でも大変なんですよねぇ〜。」
とか、
「そう簡単にはなれませんよねー…」
とかだったりするんですが……

モチロンそれは軽〜い感じのご質問であることも多いんですけれど、でもおそらくはココをご覧下さっておられる皆様の中にも、そうした事が一度くらいは頭の中をよぎったことがある…というような方もおいでなのではないでしょうか。


………………。


いえね、わかるんですよ。

占いが好きで好きで自分なりに学んだりして、真剣にその技術をお仕事として生かしたいと思っておられたり…。
でも何だかわからない世界だからこそ飛び込むに飛び込めない…というような部分もあったりして、現実的にはちょっとね…みたいなね。
そういうの何となくわかるなぁ〜と思うんですよね。

ただその一方ではそういった事ではなく、カタチから入るといいますか、見た目の印象で単に憧れておられる方が多いのも事実なんですが…。
それに関しても、自分がやっていてこんな事いうのも何ですが、確かにこの仕事一見特殊で浮世離れしているようなイメージもありますし、どこか非日常的なカンジが何となくカッコイイ…とか思っちゃうのかな…とも思いますし (笑)

イベントの時なんかには、ちょっとアレな感じの衣装を身につけたりして、何か「私は一般人の方とは少し違う世界に生きておりますの。オホホ。」みたいな、ある種独特の雰囲気をかもし出していたりもしますしね…。
(いや、実際はそんなことは考えてもいないんですけどね)


でもそんな風に何となくミステリアスでよくわかんない世界だからこそ好奇心もより刺激されやすいでしょうし、いわゆるアコガレみたいな気持ちが湧いてくるのも自然の摂理(?)なのではないだろうか…。  …と、私なりに解釈しています。

それで今回はそうした状況を踏まえつつ、この際この件に関して真面目にこの場をお借りしてお答えしてみようか…というのがテーマだったりするワケなんですね。
→あ、とは言ってもあくまでも私なりの見解なんですけど…


……………。

Continue Reading